α-system Spirit Wiki

用語集 > Eマウント

用語集/Eマウント

Eマウント

NEX-5/3から使用されることになったマウント規格で、ボディモーターが基本的に

存在せず、Aマウント機と異なりレンズ駆動モーターのカプラーや絞り駆動レバーが

存在しない完全な電子制御マウントである。

ミラーレスカメラ用の新規マウントため、ミラーボックスや光学ファインダー、

ペンタプリズム(ペンタミラー)などの従来のAF一眼レフにあった構造が不要*1で、

コントラストAFにも最初から対応。同マウントを採用したビデオカメラもある。

ミラーレスカメラ用でフランジバック(マウント面から撮影素子までの距離)が

非常に短いため、純正マウントアダプタを介したAマウント用レンズの利用

(位相差AFに対応したものもある)や、ミラーボックスを持つ前のマウントの

オールドレンズ再利用に重宝されている。

当初はAPS-Cサイズセンサー搭載のカメラしか登場せず、NEX銘のボディしか

存在しなかったが、2013年11月発売のα7α7Rの登場で同マウントもα銘に

なり、35mmフルサイズにも対応した。

35mmフルサイズ機ではα7S以降、マウントの内ツメ部分が樹脂製から金属製に

改められている*2

*1: 光学ファインダーを搭載したEマウント機は無い
*2: 以前からの樹脂製ツメは耐摩耗性や強度面などでの不安要素が語られていた。