α-system Spirit Wiki

accessory > SONY > LA-EA5

accessory/SONY/LA-EA5

LA-EA5

AマウントレンズをEマウント機へ取り付けるためのソニー純正

マウント変換アダプタ。

これまでにAPC-Sボディ用のEA1~EA2、フルサイズボディ用の

EA3~EA4が登場しており、奇数番はマウントと電子接点のみの

変換を行う仕様で、偶数番は更にTLM内蔵でボディモーター駆動

レンズでのAF対応も加えた仕様だった。

奇数番はほぼマウントを延長のみの形状でコンパクト、モーター内蔵

レンズでは像面位相差もしくはコントラストでAF動作するが、ボディ

モーター駆動レンズではAF不可。偶数番ではボディモーター駆動の

レンズもAF可能だが、アダプタ内蔵の古い世代のTLM専用位相差AF*1

でのみ動作するためカメラの像面位相差AFがどんなに刷新されても

活用できず、TLMや駆動部分が嵩張りEマウント機のコンパクトさを

大きく損なうという欠点があった。

本アダプタは奇数番の容積を保ったままボディモーターレンズ用の

駆動部を内蔵。AFはカメラ本体の像面位相差AFで行うよう奇数番と

偶数番の良いとこ取りという仕様になった。

α99IIと比較すると、ボディモーター駆動レンズでの駆動速度や

細かい部分のレスポンスは流石にAマウントのネイティブ機かつ

専用位相差AFを持ちクロス測距も可能な分、α99IIに部があるが、

α7R IVとの組み合わせではミノルタ時代の古いレンズや他社製

レンズなど、ハイブリッド位相差AFが作動しないレンズ*2でも

全ての像面位相差AFが使用可能*3で、AF追従10コマ/秒の連写や

瞳AFやロックオンAFも使用可能と、α7R IV相当の利便性を

得ることができる。またSSMなどのレンズ内蔵モーターでは

ほぼ遜色のない駆動速度とレスポンスを実現している。

なおフル機能対応はα1とα7 IV、α7R IV、α6600など機種毎に

異なり、旧機種などでは従来の奇数番アダプタと同仕様の動作と

なるので対応状況は要確認。

2022年2月をもってAマウント仕様ボディ・レンズともに生産終了

となったので、本アダプタ+Eマウントボディが実質的なAマウント

活用の後継環境でもある。

*1: α55世代と同一の15点測距
*2: 専用位相差AFのみの動作となり、ハイブリッドAF対応時の79点より一回り狭い中央寄り61点がAF範囲となる。
*3: Reflex 500mmF8のような元々がレンズ側制約で中央のみAF可能なものは同仕様だが、α7R4+EA5の場合、中央付近の3x3がAF範囲となる