α-system Spirit Wiki

用語集 > SSM

用語集/SSM

SSM

Super Sonic-wave Motorの略。

Aマウントレンズで採用されている超音波モーターのことで、AF駆動をするためにレンズ内部に組み込まれる。

従来のボディ内モーターよりも静かな特長を持つ。

また、ボディのDMF機能と異なり、合焦していなくてもMFへ即座に移れるという機能を実現できるようになった。

但し、ミノルタα-7以降のボディでしか利用する事は出来ない。

(α-9はボディ改造をメーカーに依頼することで対応可能*1

CanonのUSM、NikonのSWM、SIGMAのHSM、TamronのUSDに相当する。

http://web.archive.org/web/20060302113838/http://konicaminolta.jp/about/release/minolta/optical/03-03-03_j.html

ちなみにEマウントレンズはリニアモーター駆動によるレンズモーターが基本のためかSSMとかSAMといった

呼称は無かったが、Distagon 35mm90mm GマクロなどでダイレクトドライブSSMというものが採用されており、

レンズを円運動させる通常のSSMとは異なり直線運動させる構造にすることで、ユニットの小型化と高精度化を

実現している。。

*1: *1 現在、α-9のボディ改造はすでに終了。コニカミノルタ時代に部品が払拭したため。
TrackBack more...