α-system Spirit Wiki

用語集 > RAW

用語集/RAW

RAW

受像素子で撮影した素のままのデータで、RAW画像などと呼ばれているもの。

ソニー製デジカメでは「.ARW」の拡張子になる。

BIONZなどの画像処理エンジンでのjpeg処理がされていないので、ホワイトバランスや

コントラスト、露出や湾曲・周辺減光などが後処理でより細かく弄れるようになっている。

ただしjepg化されていない画像データのため、相応にデータ量は大きくなり(2400万画素

→24MBくらい)、連続撮影が可能な枚数も低下する。

メーカーによって記録内容や形式がまちまちなため、閲覧も含めてデータを扱うには

ソフト若しくはプラグインが必要になり、ソニー純正のImage Data Converterのほか、

社外品のSILKYPIXやCapture one、Photoshop LightroomやDxO Optics Proなどの

ソフトや、画像ビューワのプラグインが必要になる。

ソニー製デジカメでは基本的にRAWデータが圧縮されていたが、α7RIIに非圧縮RAWを

追加するファームウェアが公開、α7IIについても2015年11月に対応した。なおα7SII

最初から非圧縮RAWに対応している。