α-system Spirit Wiki

lens > sony > dt > DT 18-135mm F3.5-5.6 SAM

lens/sony/dt/DT 18-135mm F3.5-5.6 SAM

DT 18-135mm F3.5-5.6 SAM

使用頻度の高い27mmから202.5mm相当(*)までをカバーする、APS-Cフォーマットのデジタル一眼カメラ専用の中倍率ズームレンズです。EDガラス1枚と非球面レンズ2枚を採用し、諸収差を良好に補正。また、SAM(スムーズAFモーター)方式のレンズで初めてDMF(ダイレクトマニュアルフォーカス)機能を搭載。ファインダーから眼を離さずにAF/MFをスムーズに切り替えられます。さらに、レンズの外装は、ワンランク上の表面処理を施し、高品位な外観に仕上げています。日常のスナップをはじめ旅行などにも手軽に持ち運べ、幅広い撮影ジャンルで活躍します。

(* 35mm判換算)

2012年6月発売。α58の高倍率ズームレンズキットに製品相当のF/Rキャップ・レンズフードと共に添付される。

使用感など

基本的にどの画角でもあまり破綻は無く、色ズレなども起こりにくくボケ味も高倍率のズームレンズとしてはまぁまぁ。太陽を斜めに入れる等、狙ってイジワルなことをするとゴーストが出る。

SAMの駆動音はDT 18-55mm SAM IIを更に静かにした感じで同レンズよりAFは若干遅い?がバッテリの持ちはボディモーター駆動レンズ並み。SAM動作中にフォーカスリングやフィルタ枠が回らずDMF操作感もそれなり良くできている。なおフォーカスリングはマウントに近い方で距離計窓は無く、MF操作はソフトストップになる。ズームについては18mmでロックされるスイッチがあるが、自重によるレンズの飛び出しは無い。

上記の通りオールマイティな画角で意外と軽量コンパクトに作られている(DT 16-50mm F2.8 SSMと同等の長さで、より軽い)ため、旅行などの荷物を減らしたいときや、APS-Cのボディに着けっ放しで使うには良いかも知れない。

スペック

型番 SAL18135
フィルタ径 62mm
35mm判換算焦点距離(APS-Cボディ使用時) 27-202.5mm
最短撮影距離 0.45m(0.25倍)
絞り羽根 7枚(円形絞り)
フード 丸形バヨネット式
外形寸法(最大径×長さ) 76mm×86mm
質量 約398g
希望小売価格 68,250円
その他 ADI調光対応、SAM

外部リンク

作例