α-system Spirit Wiki

body > sony > slt-a77

body/sony/slt-a77

α77

2011年10月発売。24Mピクセル(2400万画素)センサー搭載。α55から続く可動ミラーを

持たないトランスルーセントミラー機で、新開発の位相差センサーや12コマ/秒のコマ速、

有機ELのファインダー、3軸チルト液晶ディスプレイなどを搭載して登場した。

ボディ単体とDT 16-50mm F2.8 SSMが付属するレンズキットがある。

特徴

シリーズの中級機らしく1/8000のシャッターや前・後面パネルへのマグネシウム合金採用、

防塵防滴を考慮したボディ・3軸のチルト液晶の採用など、普段の使い勝手も考慮している。

位相差センサーには新開発の19点(11点クロス・中央はF2.8対応)を採用。追尾フォーカス

搭載や、先述の12コマ/秒のコマ速もあって「圧倒的な高速レスポンス」を謳っている。

レンズの微調整にも対応。

ファインダーには新たに有機ELを採用。235万ドットと高精細で露出結果を即時に反映。

α55の液晶ファインダーから比べるとモアレや崩れが少なく黒も引き締まっているので

かなり見やすい。

背面の92万ドット液晶パネルを含めてレンズを通した受像センサーの絵を投影するので

ファインダースクリーンのようなものは採用されていないが、原理上若干の遅延が発生して

しまうので、レスポンス面では光を素通しするミラー+ペンタプリズム(ペンタミラー)の

一眼レフには及ばない。

欠点

コマ速はかなり早いがバッファメモリが13枚分(画質を落としてもあまり増えない)なので

すぐに書き込み待ちになってしまう。α55もそうだが連続撮影優先AE(12コマ/秒モード)は

絞り開放F2.8までのレンズは絞りF3.5・それ以下のレンズでは絞り開放に固定されてしまう。

メモリーカードがSD(SDXC対応)とメモリースティックDUO対応とはいえ1スロットしか無い

のも中級機としては?な点。

ファームで解消されたが初期は起動が大分遅かったのもマイナス。α55と似たような

起動速度だったら・・・と思わざる得ない。

リンク

作例