α-system Spirit Wiki

body > sony > dslr-a350

body/sony/dslr-a350 の変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 *α350
 2008年1月に米SonyがPMA08のマスコミ向けプレイベントにて発表。αシリーズとしては初のライブビュー機能を搭載する。α350と同時にα300 (国内発売は2008年7月17日) も発表された。
 
 2008年2月1日に日本国内での発売も正式に発表、2008年3月7日に発売開始。
 
 **特長
 -1420万画素CCD (APS-Cサイズ)、連写速度2.5枚/秒
--撮影用センサーのほかにライブビュー専用センサーを搭載。ペンタミラーを傾けてレンズからの光をライブビュー専用センサーに導く
+-撮影用センサーのほかにライブビュー専用センサーを搭載。ペンタミラーを傾けてレンズからの光をライブビュー専用センサーに導く([[クイックAFライブビュー>用語集/クイックAFライブビュー]])
 -上下可動式の2.7型液晶モニター
 -Dレンジオプティマイザー搭載
 -遠くの被写体を1.4倍・2倍の大きさで撮影できる「スマートテレコンバーター」機能
 -ISO3200での撮影に対応
 -ボディ内蔵手ブレ補正機能 (2.5~3.5段分)
 -イメージセンサーへのゴミ付着を防止するアンチダスト機能
 
 **商品構成
 |型番|構成|その他|h
 |DSLR-A350|ボディ単体||
 |DSLR-A350K|DT 18-70mm F3.5-5.6キット||
 |DSLR-A350K/N|DT 18-70mm F3.5-5.6キット|シルキーゴールド・SonyStyleにて200台限定|
 |DSLR-A350H|DT 18-200mm F3.5-6.3キット||
 |DSLR-A350X|DT 18-70mm & DT55-200mmキット|海外のみ|
 
 **スペック
 |画素数・撮像素子|有効画素数1420万画素、APS-CサイズCCD|
 |ダストリダクション|帯電防止コート、イメージセンサーシフト駆動|
 |記録媒体|コンパクトフラッシュ、マイクロドライブ、メモリースティック デュオ|
 |手ブレ補正|イメージセンサーシフト方式、約2.5~3.5段|
 |ファインダー|ペンタダハミラー、スフェリカルアキュートマット|
 |視野率|95%|
 |倍率|0.74倍|
 |ライブビュー|視野率90%、1200分割ライブビュー分析測光、スマートテレコンバーター|
 |シャッター速度|1/4000~30秒、バルブ|
 |連続撮影速度|最高約2.5枚/秒 (ライブビュー時約2.5枚/秒)|
 |液晶モニター|2.7型23万ドット クリアフォト液晶プラス、上下可動式 (上約130°、下約40°)|
 |内蔵フラッシュ|自動ポップアップ(P・A・M・S時は手動)|
 |大きさ(幅×高さ×奥行)|約130.8×98.5×74.7mm|
 |質量|約582g(電池・記録メディアなど含まず)|
 
 **外部リンク
 -[[ソニーの製品情報>http://www.sony.jp/products/Consumer/dslr/products/body/DSLR-A350/]]
 -[[ソニーのプレスリリース>http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200802/08-0201/]]
 
 
 **作例
 - [[α Photographyで作例を表示>http://upload.a-system.net/photo/list/model_name/DSLR-A350]]