α-system Spirit Wiki

lens > minolta > etc > AF MACRO ZOOM 3x-1x F1.7-2.8

lens/minolta/etc/AF MACRO ZOOM 3x-1x F1.7-2.8 の変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 *AF MACRO ZOOM 3x-1x F1.7-2.8
 
 マクロ撮影用のズームレンズ。その名の通り3倍~等倍でのマクロ撮影に特化している。
 キャリングケースとマクロ撮影用の三脚、マクロフラッシュ1200AF((※発光部はミノルタ製マクロリングフラッシュ1200相当、コントローラー部はデジタル以降ボディでは使用不可))、インテリジェントカード((クローズアップカードが同梱。但しα-7700i~α-x Siまで使用されたフィルム時代のシステムであり、現行のデジタル一眼では不要。))
 などがセットになっている。ズーム操作は電動のため、2CR5型のリチウム電池が必要。
 
 デジタル以降のボディで本レンズを使用する場合、手振れ補正オフが推奨されている。
 α7IIではこのレンズの手ぶれ補正に対応した(焦点距離入力必須)。
 なおマクロフラッシュ1200の発光部をデジタル以降で使用するには、マクロフラッシュ
 コントローラー(ミノルタ製)が別途必要になるため、現状は利用困難になっている。((ソニーからは[[miシュー>用語集/miシュー]]にそのまま取り付け可能なリングライトのみが提供され、純正のリングフラッシュは存在しない。またミノルタのマクロフラッシュコントローラーと似たような形状のソニー製ツインフラッシュキット([[オートロックシュー>用語集/オートロックアクセサリーシュー]]取付け)のコントローラー部にはリングフラッシュ用の端子はない。))
 
 焦点距離は不明。Exif情報では45~50mm相当の模様
+
+LA-EA4が非対応、LA-EA3にはスクリュードライブが無いためE-Mount機でAFは出来ない。本体のレールでMFは可能。
+
+α99II+MFC-1000+リングフラッシュでは電子先幕オフでないと同調しなかった。
 
 **スペック AF MACRO ZOOM 3x-1x F1.7-2.8
 
 |レンズ構成|5群7枚|
 |最小絞り|27(x1)、16(x3)|
 |最短撮影距離|0.04m(x1)、0.025m(x3)(銅鏡先端から被写体までの距離)|
 |最大撮影倍率|1倍から3倍|
 |フィルター径|46mm|
 |大きさ(最大径×長さ)|φ86×117mm|
 |重量|1100g(電池別)|
 
 
 **外部リンク
 -[[ケンコー コニカミノルタ交換レンズ情報:AF MACRO ZOOM 3x-1x F1.7-2.8>http://www.kenko-tokina.co.jp/konicaminolta/support/compatible/lens/macro3x.html]]
 
 
 **作例
 -[[α Photographyで作例を表示>http://upload.a-system.net/photo/list/lens_id/25941]]