α-system Spirit Wiki

用語集 > Xi

用語集/Xi

Xi

フィルムカメラ時代のミノルタα第3世代目にフルオートを目指して開発された

一連のものの呼称。ボディでは型番の末尾に「Xi」が付き、レンズは「Xiレンズ」と

呼ばれていた。

ボディ側ではカメラを構えたときには測距動作が完了している(ことを目指した)

「アイスタートAF」や、グリップを握ったことを検知するグリップセンサーなどが登場。

レンズ側では人物像などから最適(と思われる)画角に自動的に電動でズームする

「オートスタンバイズーム」に対応したXiレンズが登場。メーカーはこれらを通して

「ゼロタイムオート」を謳っていた。

しかし一眼レフ機を購入するような人たちはそこまでの自動化は望んでおらず、

オートフォーカスをカメラが勝手に行う・カメラが勝手にズーム操作をすると捉え

られてしまった。また、ボディ・レンズとも手動操作がし辛い仕様*1で、透過液晶

ファインダーを備えた上位機種ほどファインダーが暗く見辛い仕様だったため、

当時の市場から受け入れられなかった。

いずれもフルオートを目指して開発されたものだが、Xi以降の後継機では例えば

アイスタートAFにスイッチが設けられオフが基本な時点で全てを物語っていると

思う。電動ズームにしてもソニーEマウントパワーズームと異なり静止画用の

動作音がするものなので、動画撮影には向いていない。

また、Xiズームの自動的に画角を調節する機能は当然だが今の機械では保証

されない。

後年は操作系が判り易いものに改められXiレンズで開発されたものが非Xi化

されたり、アイスタートAF用センサーがデジタルボディのファインダー/LCDの

切替えに使われたりしている。

※ちなみにコンパクトデジカメにDimage Xiというのも存在するが、これとは関係は

無い。

*1: ボディでは殆どの機能がファンクションメニューで呼び出す方式なのに今のような背面LCDは無く、Xiレンズではマニュアルフォーカスすらズームリングを引いて電動で行うので、フォーカスリングがレンズに無かった